突然の異空間

すいぶん前になりますが、お彼岸にお墓参りに行った帰りに立ち寄りました。

『MIHO MUSEUM』 大津から信楽にぬける途中にある美術館。
結構な山の中に突然異空間が現れます。

c0104451_1102682.jpgc0104451_1104736.jpgc0104451_111981.jpg
c0104451_111516.jpg

左上がエントランス。 茅葺屋根の日本家屋をイメージした建物ですが、実はガラスと鉄骨で出来ています。 ガラスといえば「ダビンチコード」のルーブル美術館のガラスのピラミッドと似てるなと思ってたら、やっぱり! I.M.ベイという有名な建築家の設計でした。

外国からの来訪者も多そうで、海外のガイドブックに載ってるのかもね。

美術館の内容に関してはリンクから見て頂くとして、お手洗いが面白かったのです。

c0104451_1203920.jpg
木製の扉は格調高く。
 
c0104451_1211737.jpgc0104451_121559.jpg
シンプルでゆったりとした洗面台。 光り輝くお手拭ペーパーホルダ。 落ち着いた照明も申し分ない。

c0104451_124576.jpgc0104451_1242984.jpg
大人でも十分使用に耐える大きなベッド。 二段式ペーパーホルダ。

全体像は残念ながら写せなかったのですが、キッチンがあれば4人家族で十分に住めるぐらい広い。

c0104451_126314.jpgc0104451_1262420.jpg
同じフロアにある車椅子用トイレは子供部屋にしたらちょうどいいくらいゆったりとしたスペースがとられている。

c0104451_1302511.jpgc0104451_1304728.jpg
始めて見るスタイリッシュな蛇口。 洗面台にあったおしゃれなロゴ。
興味があって帰って調べて見たら、イギリスの大手の会社らしい。

c0104451_1353241.jpg
向こうに見えるトンネルをくぐって現実世界に戻ります。


ブログランキングに参加しています。
協力して下さる方も、そうでない方も
  ↓ クリック、よろしくお願いします。


[PR]
by kkazupit | 2008-06-05 01:46 | その他 | Comments(0)
<< 痛い落し物 その4 境界のある場所 >>