安心感…。

六甲アイランドに足を踏み入れるのは初めて。

六甲といえば六甲山で山なんですが、アイランドなんで六甲が見える人工の島ってことでしょうか。
JR「住吉駅」か阪神電鉄「魚崎駅」から六甲ライナーに乗り換えます。
AGTと呼ばれるゴムタイヤで無人の全自動運転の新交通システムです。 東京だと「ゆりかもめ」と同じかな。
不思議なのが、窓ガラスが突然曇ること。 帰って調べて見たらマンションが林立する地区を走るので、プライバシー保護のためガラスが曇るそうです。 駅に入るとさっと透明になる不思議システムです。
c0104451_0212424.jpg

ホテルタワーから六甲ライナーを見下ろしたところ。
橋を渡るときは、周りにマンションがないので透明なガラスで景色がとてもよく見えました。

実はこんなところにシェラトンホテルがあるのも知らなかったのです。
『神戸ベイシェラトン&タワーズ』が正式名。
c0104451_031292.jpg

白いクッションのシェラトンの「S」が光っております。

お部屋のバスルームは申し分ないものでしたが、今回はレストランフロアーにあるお手洗いです。
 
c0104451_0374165.jpgc0104451_038263.jpg
トイレサインはホテルらしく格調高い。

うれしいのは個室の扉。 厚くてどっしりした木製。上も下も一分の隙間もない。
c0104451_046156.jpg
c0104451_046391.jpg

c0104451_0493121.jpg

この安心感、女性ならわかっていただけるでしょ。 海外で経験した足元が見えるトイレはちょっとなんか不安。

c0104451_052336.jpg

洗面台には消毒用アルコールも用意されています。
c0104451_0535092.jpg
c0104451_0541330.jpg
照明も落ち着いていて上品。
c0104451_0575086.jpg

ハンドドライアではなくお手拭ペーパーが用意されてるのがうれしいです。


ブログランキングに参加しています。
協力して下さる方も、そうでない方も
  ↓ クリック、よろしくお願いします。


[PR]
by kkazupit | 2008-05-22 01:07 | ホテル | Comments(0)
<< 境界のある場所 偶然の出会い! >>